ひらのひとり部屋

ひとりで考えたり、遊んだり

外見のためにやって良かったこと

今まで髪型や服やメイクを色々試してみたけど、今の自分が「外見に関していえば、20歳超えてからはいちばんの出来」じゃないかなと思う。

見た目良くて中身がぺらぺらじゃダメなのは勿論だけど、自分で「私の顔面なんか良くなった?」と思えると自信つきます。

というわけで、これは良かったなと思うことをまとめてみます。

 

①パーソナルカラー診断を受けた

他人のことだと分かるのに、自分のことになると分からなくなるものです。私は色黒・黄み肌で、自己診断でイエベ秋か春かなと思っていたけどまさかの1st ブルベ夏、2nd ブルベ冬であった。実際に服やメイクをなるべくブルベ夏っぽい色にするようにしたら何となく肌が明るく見えるようになった。今後服や化粧品を買うときの失敗は確実に減ると思う。診断料はそれなりに高かったけど長い目で見れば財布に優しい。ちなみに、スタイル診断とか顔タイプ診断とかもやったけどまだあまり生かせてない。f:id:hrbysky:20210212064957j:image

 

②化粧の方法を学んだ

メイク系のYouTubeみるのが楽しくてみてるうちに大体覚えた。私はサラさんがお気に入りです。個人的意見として、マスク生活のいま特に大事なのは、ベースメイクと眉毛だと思う。肌の色ってマスクしてても意外とわかるし、眉毛が整ってるときちんとして見える。私は黒髪だけど、眉毛は茶色にすると良い感じ。あと、要らないとこに生えた眉毛は時々お風呂で抜いてます。ズボラなので、普段のメイクはベース→ファンデ(顔の上半分)→眉毛→チーク→アイシャドウ(指で)→リップティントで終了。余程のことが無ければまつ毛はやってません。

 

③美容院に1〜2ヶ月に1回通った&毎日ストレートアイロンでヘアセットした

私は3年ぐらい同じショートだけど、ちょうど良いショートをキープするにはこまめに切る必要がある。襟足が重たくなると急にめちゃくちゃダサくなる。

あとオイルをつける、ストレートアイロンで寝癖直しやるだけで全然ぼさぼさ感が無くなる。こうやって書くと、朝は時間がかかるんでしょ?と思われそうだけど、化粧と髪の毛合わせて10分ぐらいでやってます。

 

④全身医療脱毛

最強で最高の時短。お金は掛かったけどまじでやって良かった。なぜ学生時代にやらなかったんだ。さよなら、カミソリ。清潔感は爆上がりです。

 

⑤誰かの服を真似るのをやめて自分の似合うものだけ着るようにした

一時期ミニマリストしぶさんに憧れて服を白T+カーディガン+スキニージーンズ+黒スニーカーで統一しようとしたけど、結局似合わない服はテンション爆下がりでダメだった。似合う服を少なく持ってるぐらいが良い。

あと、自分がしっくりくるものが一番良い。友達や家族からのおしゃれアドバイスは参考程度に。たとえば「アイシャドウはこの色にするといいよ〜」って言われても、それが似合う人もいれば似合わない人もいる。

 

⑥肌のコンディションが割と良くなった

今までめちゃくちゃニキビに苦しめられてきたけど、ヤーズ飲んでるからか、年齢のせいなのか、浴槽につかるようになったからか、自炊するようになったからか、職場のストレスが減ったからか、顔も含めて脱毛したからか、理由はわからないけどあまりニキビができなくなった。

 

⑦太らない

ダイエットはしてないけど、暴飲暴食を控えるだけで、なんだかんだ太らなくなった。この前の健康診断で158cm 50kg BMI20。健康的!最近はおうちバーピーもやっているので、これで筋肉も付けばさらに良さそう。

 

特に①と④はめちゃくちゃ良かったです。お金を貯めてでもやる価値あり。